風のつれづれ 最新記事

入梅、ことしは列島全体が梅雨入り

雑節・入梅

立春から135日目。6月11日になることが多い。2018年の入梅は6月11日。

 北陸地方梅雨入りから1日後の6月11日。入梅の日雨は夕方から降り始めた。

入梅は文字通り梅雨に入ることを意味する言葉だ。梅雨は一般的に「つゆ」と呼ばれることが多いが気象用語ではもともとは「ばいう」と呼ばれる。東アジアだけに現れる雨季で日本の南岸から中国の揚子江付近に前線が停滞し長雨となる。停滞した前線を梅雨前線(ばいうぜんせん)と呼ぶ。梅の実がなる頃だから梅雨と名付けられた。旧暦では5月に当たることからこの時期の雨を五月雨(さみだれ)と呼んだ。

入梅は暦上でもともと重要な言葉だが、現在はは各地域の気象台ごとに梅雨入り、梅雨明けを発表しているためシンボルリックな意味合いが強い。ただ入梅といわれるとジメジメした季節がやってきたと感じる。

今年は沖縄は5月8日、九州四国は5月26日から28日。中国6月5日。近畿、東海、関東甲信が6月6日。北陸、東北南部が6月10日。

そして東北北部が平年より3日早い6月11日に梅雨入り。入梅と一致した。入梅の日にちょうど北海道を除く日本列島全体が梅雨に覆われたことになった。

 

前の雑節は八十八夜 5月2日

次の雑節は半夏生

北陸地方梅雨入り。東北北部除き列島全域

新潟地方気象台は6月10日北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より2日、昨年2017年よりも15日早い。東北地方南部も同時に梅雨入りし、梅雨のない北海道を除けば、日本列島で梅雨になっていないのは東北北部だけとなった。

ことしは全国的に梅雨入りが例年より早い。沖縄は平年よりも1日、昨年より5日早かった。九州北部と四国は平年よりも8日、昨年よりも23日も早かった。

近畿、東海、関東甲信は6月6日に梅雨入り、平年より2日早く、昨年より近畿は14日、東海は15日早かった。前年梅雨入りの早かった関東甲信は前年より1日早かった。

朝からどんよりとした曇り空が広がった6月10日の空=福井県あわら市

新潟地方気象台が梅雨入りを発表したものの福井県は曇り空が広がるもののほぼ雨が降らなかった。石川、富山もほぼ同じだった。では気象台のある新潟が雨降りで梅雨明けしたのか。気象台の観測データやアメダスの数字を見てもあまり雨が降った様子はない。

11、12日の天気予報は全体に雨模様。梅雨前線が大平洋側に停滞し、台風も近づこうとしていることからここで梅雨入りを発表しないとタイミングが遅れるとの心理が気象台の担当者に働いたのだろうか。

芒種「種を蒔くころ」風景は麦秋

二十四節気・芒種

麦は黄色く色づく 芒種は稲や麦など穂が伸びる植物の種をまく時期の旧暦5月の言葉。

2018年は6月6日。

とげのような細い毛がでている麦の穂。芒(のぎ)

「芒」は「のぎ」とも読み稲・麦などイネ科植物の実の外殻にある針のような毛。芒(すすき)もその一種だ。これらの植物の種を蒔くころをいう。「小満」と「夏至」の間の二十四節気の言葉だ。

田植えも終わり稲の苗も伸びてきた

今の季節では稲の田植えは早いところは4月の終わり。育てる米の種類にもよるが5月初めから20日過ぎが多い。芒種の頃は田んぼの緑の苗が伸びて水田は青々としている。一方の麦は種まきは秋から冬にかけて、芒種はもう黄色く色づき早いところでは収穫も行われている。「麦秋」だ。

「芒種はや人の肌さす山の草」 鷹羽狩行

俳句の世界では夏草が強く生えてきている。

七十二候ではカマキリ生まれる日

6月6日は七十二候で螳螂生。(かまきりしょうず)。

カマキリが生まれる頃。夏の虫が生まれる時期でもある。

6月6日は全国的に雨模様

梅雨前線が伸びて近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りした。

北陸地方はどんより曇り空だったが雨はあまり降らず梅雨入りは持ち越した。

小雨模様。6月6日朝の高岡駅
夕方の自宅前の空。うっすら太陽が見えた=6月6日

前の二十四節気は5月21日「小満」

次の二十四節気は6月21日「夏至」

地味な「小満」草が伸び緑が深く

二十四節気・小満
立夏の15日後にやってくる二十四節気が「小満(しょうまん)」。
二十四節気の中ではあまり知られていない地味な暦言葉だ。

麦が少しずつ黄色く色づいてきた。2018年5月20日

小満は「すべてのものが次第に伸びて天地に満ち始める」の意味。立夏が過ぎ気温が上がり作物が育ち、木の若葉が伸びる。

風薫る5月の空に現れた暈

 5月21日が小満になることが多い。2018年の小満も21日。立夏の後一時気温が高い日があったが、再び気温が下がり、過ごしやすい日が続いた。まさに「風薫る5月」。

平野では田植えされた苗が伸び、青々としていた麦は緑から黄色に色づいてきた。

田んぼの苗も青々と伸びてきた

5月21日の福井市の天気は晴れ。朝から青空が広がり、きれいな巻雲や巻層雲、巻積雲が広がり、夕方はほぼ雲も消えて明るい夕日が平野を照らし出した。

5月21日小満、朝の空
小満夕方の空

最高気温は25.7度。前日より4.5度、平年より2.7度高く少し暑さが戻ってきた。これからは田植え後の稲もぐんぐん育っていきそうだ。

明るい空。これから水田も緑になってくる

前の二十四節気は立夏、5月5日。

次の二十四節気は芒種 6月6日。

さわやかな青空 立夏

二十四節気・立夏

七十二候・蛙始鳴(かわずはじめてなく)

夏の始まりの夜明け。日の出は午前6時前

旧暦の暦の上で夏が始まる。2018年は5月5日。「端午の節句」、国民の祝日の「こどもの日」と重なる年が多い。

夏の初めだけにまだ涼しげな気候で俳句にもさわやかな雰囲気の句が多い。

「夏立つや衣桁にかはる風の色 也有」

「さざなみの絹ふくごとく夏来る 山口青邨」

「美濃といふ立夏の水奔る国 福島勲」

立夏の5月5日は朝から快晴。気温は低くさわやかな青空が広がった。

立夏の日差しを受けて新緑は輝く
夕方には飛行機雲が現れた

前の二十四節気は穀雨

次の二十四節気は小満

上空の強い風レンズ雲が出現

雲種・レンズ雲

2つ並んだレンズ雲=2018年5月

凸レンズを横に浮かべたような雲が風の強い日に現れることがある。レンズ雲だ。巻積雲や高積雲から生まれる。すっきりした青空で上空の風が強く、山の近くでできることが多いが、風の流れで地表でできることも。

 風上で雲が生まれ、風下で消えるため、同じ場所にとどまって見えることも。太陽の方向に現れると彩雲と重なることもある。

彩雲と重なったレンズ雲

 

八十八夜、新緑が鮮やか、田植えも

雑節・八十八夜

八十八夜は小雨模様。水を張った田んぼが増えてきた

 

「夏も近づく八十八夜」と文部省唱歌でおなじみの「八十八夜」は雑節の一つ。立春から数えて88日目の日を表す。2018年の立春は2月4日。八十八夜は5月2日。

 

 「88日の別れ霜」という言葉もあり、このころにはもう霜が降りず、朝晩の寒さもなくなる。若葉が広がる新緑の候でもあり、一番茶を摘む季節だ。

 

 夏も近づく八十八夜

 野にも山にも若葉が茂る

 あれに見えるは茶摘みぢやないか

 あかねだすきに菅(すげ)の笠

 

 日和つづきの今日このごろを

 心のどかに摘みつつ歌ふ

 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ

 摘まにゃ日本の茶にならぬ

 

 こののどかな茶摘み歌は、まさに日本の野山の初夏の原風景そのものだ。

 

 平野の八十八夜は田んぼに水が張られ、一部では早稲の田植えも行われ、麦は青々と穂を伸ばす。

久しぶりに海岸へ、雲多く日没見えず

サンセットビーチの夕景。最初は夕日が見えた

5月1日夕方久しぶりに海に夕日の写真を撮りに行った。昨年11月以来ほぼ5カ月ぶり。今年1月に首の手術をしてしばらく仕事の行き帰り以外の寄り道は控えていた。休みの日も家の近くに出かけるだけ。写真にも広がりがなくなっていた。

少しずつ体力も回復、5月1日仕事帰りに福井県坂井市三国町のサンセットビーチに向かった。昨年12月初め以来5ヶ月ぶり。砂浜なので転んでも大丈夫だと思った。

九頭竜川河口の夕日

天気は朝から太陽は出ているが薄い雲は多く、夕方の空も快晴ではなかった。午後6時過ぎビーチ手前の九頭竜川河口は薄い雲を通してオレンジの夕日が見え、川の水面を照らし出した。

そこから500メートルほど離れた海岸に車で向かった。12月と比べると日没前の夕日は右に、西の方に動いている。川沿いの道からは夕日は見えない。

サンセットビーチに付いたのは午後6時前。日没の30分前。平日だったが海岸には多くの人がいて海に夕日が照らされた景色を眺めていた。海岸へ向かう階段も、通路も思ったより砂が多い。きれいな夕日を撮ろうと波打ち際に向かうも水平線近くは雲が多く、日没近くでは夕日は雲の後ろに隠れてしまった。

夕日は見えなかったがくっきりとラインを描く飛行機雲や海に映し出される夕暮れの光が綺麗だった。

上空には飛行機雲も流れる

2017年12月の海の夕日

田んぼの風景ことしも夕日に染まる

毎年思うことだが、4月から5月にかけての田んぼの風景は美しい。早稲の田植え前に水が流し込まれ、最初は濁っていた水が水かさが増すにつれて濁りも消え、風のない日は静かな水面が空や風景を映し出す。

年を追うごと平野では田んぼの区画整理が進み、一区画あたりの面積が広がり、プールの何倍もの大きさとなる。

日が暮れる午後6時過ぎには広い水田地帯がオレンジや赤く染まる。夕日の長い光の影が伸びる。日没後もうっすらとトワイライト色が続く。

皐月の5月1日。田んぼには水が満ち夕日を映し出す

皐月、さつき、5月田植えの季節

5月の和風月名で皐月(さつき)。

4月終わり田に水が満たされ少しずつ田植えが行われる

旧暦の5月の呼び名であるが、実際の季節は4月頃。まだ春のなかばというころ。

早苗を植える「早苗月(さなえづき)」が略されて「さつき」となり、後に「皐月」の字があてられといわれる。今の季節より早い時期だが、そのころは苗が植えられていた。

田植え前サギが田んぼにたたずむ

しかし現在は以前より温暖化の夏の暑さなどから田植えが遅くなっている。早稲でも4月の終わり、コシヒカリなど人気品種は5月中頃が推奨されている。旧暦の季節感が現代と一致した。

田植えの風景はこれからだ。

苗が植えられた田んぼ

Sample Content

苗が植えられた田んぼ

Sample Content